パジャマ 素材 選ぶ

パジャマの素材で選ぶ

若い女性にパジャマやルームウェアの人気が出ていますが、素材について考えていますか?
眠るときに着るパジャマは、重たかったり、身体を締め付けたりしていると寝苦しいので、軽くて、ゆったりしたものが良いですね。
季節によっても素材を選ぶことが大切で、特に夏は寝汗が大量に出るので、吸湿性や通気性が良いものを選びたいです。

 

ポリエステルなど化学繊維は、値段は安いのですが、吸湿性や通気性が良くないし、皮膚が弱い人やアレルギーの人にも良くないです。
だいたいパジャマに使われる素材は、肌触り良くなっていて、1種類だけでなく、組み合わせて保湿性や吸湿性を高めたものもありますね。

 

代表的なのは、綿・コットンです。
洗濯機で洗えるので、お手入れもラクだし、吸水性があって肌触りも安心感がありますね。
赤ちゃんの肌着にも使われるくらいですから。
麻も吸湿性が高くて、汗を掻いてもサラっとした着心地なので、暑い夏にはぴったりです。

 

シルクは光沢感があって、高級感もありますね。
セレブな人が着ているイメージですが、実際、夏は涼しくて冬は暖かいという性質があって、良質なんです。
その代わり、洗濯などのお手入れは注意が必要になります。

 

アクリルは秋冬服でも重宝しますが、アクリルだけだと汗の吸収が出来ないので、混合されたものが良いと思います。
後はウールですね。
ウールのセーターやコートは暖かいので、秋冬に良さそうですけど、保温性があるということは、断熱性もあるということで、春夏でも使えるんですよ。

 

気をつけたいのは、肌にアレルギーがあるとか、背中にニキビがあるような場合です。
特に背中にニキビがある場合、パジャマの素材で、症状が悪化することがあるんです。
まず、昼間着ていた服のまま寝るのは、汗や皮脂がたくさん付いた状態で、衛生上良くないので、必ず着替えて寝ましょうね。

 

そして、肌触りで選んで、シルクのパジャマにすると、汗を吸収しにくいので、睡眠中に背中の汚れが残ってしまって、ニキビに良くありません。
ニキビ体質の人に一番良いのは、綿・コットン100%です。
吸湿性も保湿性もあるのでお勧めです。

 

あと、フリースを着ていて、軽くて気に入ったけど、身体が痒くなったという人がいます。
フリースと言うのは生地の織り方のことで、素材のことではありません。
ポリエステルを使用したフリースなら、吸湿性や通気性が悪いですが、綿を使用したフリースなら大丈夫だと思いますよ。