メンズのルームウェア事情

メンズのルームウェア事情

男性といえど、ルームウェアはおしゃれなものに限ります。友人の家に泊まりに行く時などには、必須です。
ワコールのメンズのルームウェアはとても着心地が良くて、寝るときにも最適です。感覚的にはジャージのようなもので、
おしゃれなので友人に見られても恥ずかしいものではありません。私の着ているものは、赤色の服のアンダーに黒い長袖をプラスしたようなデザインなので、
寝起きに宅急便が来てしまったという時にも、そのまま対応してもおかしくないくらいのものです。
冬場などには、ゆったりとして温かいルームウェアも商品の中にあるので、それもオススメです。
寒い中、帰ってきてこのルームウェアに着替えてごろごろしていると、ご飯を食べることも忘れてしまうくらいに、心地よい眠気に誘われます。

 

まだ、ルームウェアにこだわっていない方は、一度良いものに出会うと今まで適当に選んでいたことを後悔してしまうくらいに、
ルームウェアに対する考え方が変わります。ここまで書いてしまうと、なんだか商品の押し売りみたいに思えてきますが、
これが過剰表現ではないということがお分かりいただけると思います。今年はルームウェアにこだわってみませんか?
男性の方もこれまでより心地の良い生活を手に入れましょう。

部屋着といえばスポーティーな服

私は五十代のサラリーマンですが、ルームウェアにはあまり、こだわりはありません。

 

しかし、さすがに会社から帰宅してスーツでは過ごせませんし、だからと言って、
すぐにパジャマに着替えるようなこともできません。

 

結局、カジュアルでスポーティーなルームウェアに落ち着いています。
私の場合は、それは大きく夏服と冬服の二つに分けることができます。

 

夏のルームウェアで気に入っているのは、昔懐かしいアーノルド・パーマーのポロシャツなどです。
実は私は若い頃から殆ど体型が変わっていないので、
中には、かれこれ二十年も大事に着ているポロシャツさえあるほどです。

 

一方、冬になるとさすがにシャツだけでは寒いので、ジャージ系統のルームウェアが中心になってまいります。

 

これも長年に渡って慣れ親しんでいるブランドが一つありまして、それがアディダスです。
私とアディダスとの付き合いは、高校時代からずっと続いています。

 

さすがにその頃のジャージはもうありませんが、
二十年物のジャケットなどは、今も現役で愛用しています。

 

私はルームウェアには特別お金をかけようとは思いませんが、しかし、
あまり年寄り臭くならないようにしたいとは思っています。

 

それは若さを保つためにも必要な心掛けだと思います。

ルームウェアはスポーツウエアが一番です

40歳代男性です。
私のルームウェアはジャージなどのスポーツウエアです。汗をかいてもさらっとしていられるからです。
夏は半そで、半ズボンのメッシュの感じのジャージを愛用しています。洗濯してもすぐに乾くのもいいですね。本当に暑いときは、洗濯して脱水した状態で着たくなっちゃうくらいです。

 

春、秋はジャージがちょうど良いころです。ちょっと買い物に出かけるときは、そのままジャージで出かけちゃいます。もちろん、ジャージはそのままスポーツすることもOKです。子供とキャッチボールをしたり、ジョギングロードレーサーで走りに行きます。もちろん、汗をかけば帰ってきて他のスポーツウエアに着替えます。
冬は、ルームウェアとしてはジャージだけではちょっと寒いので、フリースのシャツを中に着ます。省エネに努めているので、それでも寒いときはさらに上に一枚羽織っています。

 

ジャージは、単身赴任中にジャスコでお手ごろ価格の品揃えがあったので、そこでよく購入していました。Kaepaが安かったのでそのシリーズが多いです。あとはHead、Championといったところです。上着はユニクロやguでも安いのがありますので、肌技感覚で買って着ています。そんなこんなで、半袖・半ズボン、長袖・長ズボンをあわせると12着くらいは持っています。
ジャージなどのスポーツウエアは着心地がいいし、楽チンです。